お知らせ

衣類を長持ちさせるコツ

大事な服を長持ちさせる5つのコツ

洋服は季節の入れ替え時と日々のケアで、20年以上長持ちさせることができます。

お手入れは大変ではありませんが、ちょっとの努力と計画が必要になりますので、今回はそのコツをお教えします。

1.洋服に休憩を与える

基本であり効果が高いのが、ローテーションを組んで着てください。そうすれば、洋服の傷みと劣化は防げます。

2.   続けて同じ衣類は着ない

特にパンツは、お尻部分、もも部分が摩擦と汗の影響でジャケットの2倍傷みやすいです。靴も同様に毎日履かずに三足くらいをローテーションさせてあげるのが理想ですね。

2.きちんと保管する

衣替えを利用して季節ものの洋服は、きちんとお手入れをしてしまっておきましょう。クリーニングとセットになった保管も積極的に利用するのもおすすめです。ご自宅で保管する場合は型崩れしないように厚みのあるハンガーにかけて、洋服が"呼吸"できるように保管用の袋に入れ替えておくのがベストです。また、クローゼットに詰め込みすぎないことも大事です。

3.ブラッシングする

ジャケットやコートは首回り、肩回り、袖、ポケット周辺をクローゼットにしまう前に軽くブラッシングしてあげると汚れが蓄積しにくくお勧めです。

4.洗濯の時にも注意を払う

・衣類を裏返してから洗濯する
・デニムは別洗いにして、他の衣類、特に繊細なシャツの素材を傷つけないようにする
・飾りやスパンコールなど、デリケートものは別洗いする

5.乾燥機を使わない

乾燥機の高温は、服の色落ちや縮みを促進します。できるかぎりハンガーなどにかけて自然乾燥が衣類にとって一番優しいです。

今回紹介したお手入れ法を試せば、お気に入りの洋服が長持ちするので、ぜひお試しください。

ラックス事務局

-お知らせ

© 2021 ラックスクリーニング